大阪のオークション代行を利用して中古車の購入をおすすめします

SITEMAP

森の中

大阪の中古車でオークション代行について知っておきたい事

赤いかわいい車

中古自動車(以下、中古車とする)を探す時に、それが欲しい一般ユーザーは様々な形で希望の車種を探して、目星をつけて購入する。適正な価格と商品状態とを天秤にかけ、ある意味で妥協をするのです。中古車は「たった一台」と言うのが売り文句である。ユーザーもネットを駆使して、もしくは、最寄りの自動車販売店で情報を得ていくが、それはすでに店頭に並んでいる車の情報であって、その源流であるオークション会場で流通している商品の詳細までを知るには、まだかなり遠い状態にある。店頭に並んでいる状態と同じ情報しか得られないのだから、欲しい車が、例えばどこの地域で使われていたものか、ワンオーナーなのか、水没車なのか。。オークション会場では出品される段階で判別して、バイヤーも仕入れるが、オークション代行の場合、そうしたバイヤーが得る情報もひょっとしたら得られるかも知れません。つまり、流通価格は兎も角として、オークション会場とリンクした情報を得る事が出来るので、そうした詳細な情報もまた教えてくれるかもしれない。
しかしながら、気をつけなければならないのは、全ての業者さんが全国92会場全てへ足を運び、実車をみてユーザーに情報提供しているのかと言えば、それは不可能である。実際に、買取店で査定した車両評価表とオークション会場で査定員が査定した評価が微妙に違うのである(実際に経験したのでお話ししますが)。中古車を買う側としては、目星をつけた車両を実際に見てみたいのが本音だ。しかし、それが物理的に不可能になれば、情報をつぶさに研究するしかない。
代行業者がそれを素直にユーザーに伝えていければ問題はないが、いい加減で粗暴な代行業者が居るとするならば、果たしてその情報を鵜呑みにしていいのだろうか?と言う素朴な疑問が浮かび上がる。「代行」であるが故に、その業者によって損得が分かれてしまうように思う。業者選びも大切な要素であり、最も重要な要素かも知れない。

UPDATE CONTENTS

TOP